Brand Story

ブランド・ストーリー

シクロクロス世界チャンピオンが創設

1992年、シクロクロス世界チャンピオンに3度輝いたマイク・クルーゲが自転車開発の焦点「FOCUS」にありたいという願望から「FOCUS」ブランドをドイツにて誕生させました。また、マイク・クルーゲはドイツで最初のプロフェッショナル・マウンテンバイクチームの運営を始め、自身はFOCUS RAVENを駆り、アトランタオリンピックにも出場しました。

その後もマイクはシクロクロス、MTB競技を続けながら、選手という立場を生かしたモノ作り―勝てるFOCUSバイクを開発してきました。

ヨーロッパ最大手ダービーサイクルにジョイント

1993年、マイク・クルーゲ率いるFOCUSは、ヨーロッパ最大手のバイシクルカンパニーであるDERBY CYCLE(ダービーサイクル)社の傘下に入ることとなります。グループ内のトップブランドに位置するFOCUSは、強力な開発力を手に入れることとなり、いよいよレース用バイクの生産を拡大していきます。

2006年には、満を持してカーボンフレーム(ROAD&MTB)の生産を開始します。ブランドの出自であるシクロクロスには常に積極的であり、2005年にはハンカ・クプファーナゲルがFOCUSを駆り、女子シクロクロス世界チャンピオンを獲得します。また、彼女は以降、世界選手権女子個人タイムトライアルのチャンピオンや数多くの称号を手に入れることとなります。これらによりFOCUSは、レーシングバイクブランドとしての地位をヨーロッパにおいて確実なものとしました。



グローバルブランドへのステップ

ドイツブランドとして出発したFOCUSも、よりグローバルなブランドとしての発展を遂げていきます。世界最高峰のステージで勝利するため、「Team Milram」(ドイツ)、「Team Katusha」(ロシア)、「Acqua&Sapone」(イタリア)のチームにFOCUSを供給していきました。

2013年には「AG2R La Mondiale」(フランス)と契約をし、ツール・ド・フランス第18ステージ伝説の峠ラルプ・デュエズを2度登るという過酷なステージで、クリストフ・リブロンが見事優勝を飾りました。2014年のツール・ド・フランスでは第8ステージでブエル・カドリ選手がステージ優勝、ジャンクリストフ・ペロー選手が総合2位、2015年にはアレクシス・ヴィエルモーズ選手、ロメン・バルデ選手がステージ優勝、2016年はロメン・バルデ選手がステージ優勝と総合2位という輝かしい成績を収めました。一方、日本国内においてはコンチネンタルチームの「Team Matrix Powertag」が活躍しており、2016年にはホセ・ビセンテ・トリビオ選手がJプロツアー総合優勝を果たしました。

トライアスロンにおいては、日本食研実業団トライアスロン部が東京オリンピック出場を目指して、日々努力をしています。

Passion. Performance. Perfection.



すべてのFOCUS製品はスポーツをこよなく愛する情熱から生み出されたものです。 最高のテクノロジーを追求し続けるFOCUSの世界は、誰をも魅了してしまうのです。トップライダー達を勝利へと導く性能を引き出すために、FOCUSは最先端のテクノロジーの開発に全力を注入しています。

「German Engineered」、開発チームのひとりひとりがこの哲学に突き動かされています。まさにこの言葉がFOCUS製品に完璧を目指す我々の精神を言い表しているのです。



GERMAN ENGINEERED EXPERIENCE

FOCUSの信念である「German Engineered」、それは情熱、成果、完璧という言葉に込められています。

卓越したドイツの技術が、品質水準の高さを保証しています。最高峰の開発競争から先端的なデザイン、テクノロジーが生み出されているのです。「German Engineered」はライダーに最高のバイクを提供します。